読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字っぽいの。

文字を書いています。写真も混ざります。

ファッションリア充死ねばいい。 

 SNS上で惚気まくってる人に、「ちょっとそういうのはやめたほうがいいかも。」的な事を僭越ながら申し上げますと、こう返ってくる。

1.僕に恋人がいる場合

  • 「Atomさんだってリア充じゃないですかー。」
  • 「じゃあ君も惚気れば?」

2.僕に恋人がいない場合

  • 「嫉妬乙」
  • 「彼女つくれば良いのに。」

だいたいこれ位しかパターンがなくて、恋の病によって盲目化した人の発言って怖いなって思う。僕が旧世代的な思考なのかもしれないけど、彼氏・彼女の関係ってできるだけクローズドであるべきだと思う。なんでもかんでもオープンに発信するのは、すごく軟派でセキュリティ弱者な感じがして、もんにょりする。なにより、誠意が感じられないし、恋愛ごっこをしてる感じがする。「みんなの前で堂々と彼女の自慢できる俺、カッコイイ」とか思ってるヤバい人も居るかもしれない。

 確かに自分の彼女がかわいいのは分かるし、それを自慢したいのも分かる。ただ、それをインターネットで発信して、一体誰が得するんだ?マジで。飲み会とか飯食ってる時に、逐一「いやぁ、彼女がかわいくてね?」とか言われたら、流石に心中穏やかじゃない。君の恋人が素敵なのも、どれだけ惚れ込んでるのかも分かったから。もう十二分にわかったから、そろそろ次の話をしてくれないかなって思っちゃう。2度とコイツとは遊びに行かないとさえ思うかもしれない。

 あぁ、こういうこと言うと「SNSなんだから使い方は自由だろ!」とか言われるんだけどもね。自由に使って自分の評価だけじゃなくて、恋人の評価まで下げちゃったらどうするんだろう。例えば、リア充を心底憎んでいる人がSNS上の惚気を発見したら、発信者だけじゃなくてその恋人のことも憎むと思う。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。なんか違う。少なくとも、インターネットで惚気れば、斧や槍が飛んでくるのは明らかなのに、そこらへんのリスク管理もせずに「なんで惚気ちゃだめなの?」とか言われても、ちょっと何言ってるか分からない。

「あなた・・・『覚悟して惚気てる人』・・・ですよね

人に「惚気」ようとするって事は、

逆に「嫌悪」されるかもしれないという危険を、

常に『覚悟して惚気いる人』ってわけですよね・・・」

 加えて、現実は非情でして、今どれだけ愛しあっていても、どうせいつか別れるんだから、あまり下手に情報を拡散しないほうが良いと思うよ。別れた時に「なんであんなに仲良かったのにわかれたの!?」とか、いろんな方面から飛んできて、めちゃくちゃ面倒くさい。あと、なぜだか知らないけども、皆様は絶対的自信を持って「別れないし!結婚するし!」とか仰るので、僕は不思議でならない。

 なんにせよ、おじさんにはいまどきのリア充様が、よくわからないです。