読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字っぽいの。

文字を書いています。写真も混ざります。

自転車パクられたけどチームメンバーにプレゼントしてもらった。

2015年10月、僕は自転車をパクられた。スーパーで買い物している時に、鍵をかけてなかったので窃盗犯にとってはとてもありがたい状態だったであろう。「鍵かけてないのが悪い」という意見もあると思うが、自転車をパクった奴が悪いのである。「痴漢されるのは扇情的な格好をしていた被害者も悪い」みたいな言説は本当にしょうもない。とにかく毎日スーパーに立ち寄るたびに犯人を呪っていたし、いい感じに車に轢き殺されてギリギリ死なない重症をキメて欲しいと今でも思ってる。

そんなわけで自転車がなくなり、毎日片道50分かけて徒歩で通勤することになった。案外50分歩くというのは簡単で、満員電車に押し込められておっさんの芳香に包まれるより全然良い。「自転車が無くなったくらいで遅刻などしない。窃盗犯には屈しない。」という謎の使命感を持って通勤していた。ただ、毎日2時間が移動によって消費されると結構不便である。可処分時間が減ると体調管理も甘くなるし、なにより趣味のコーディングやゲームをする時間が無くなる。料理をする時間ももったいないし、徒歩で帰宅中に腹が減ってしょうがないので、コンビニ飯や外食が増えた。

そんな僕を憂いて、誕生日プレゼントとして、チームメンバーが自転車をプレゼントしてくれた。圧倒的感謝。自転車はAmazonサンタがオフィスに届けてくれた。Amazonで自転車買えるんですね。すごい。

f:id:FromAtom:20160413192518j:plain

新しい自転車はデフォルトで鍵も変速機もライトもついているし、オレンジ色でかわいくて最高という感じ。ちなみにAmazonで買うと防犯登録はされてないので、自分で自転車屋に持って行って登録してもらう必要があるので注意。

チームメンバーのおかげで今日も元気に出社できました。ありがとうございます!問題は今日の天気予報が夕方から雨ってことです。